矢口先生の夏の講習会

26日(金)に、矢口加寿子先生の講習会へ行って来ました。今回は、32名!多いです~。東京では150名の講習会を開催されたそうです。いつもいつも言ってますが、矢口先生のデザインはとても斬新で色使いが素敵なの~♪
今回は、忘れずデジカメを持っていたんだけど、SDカードをPCにいれたままで・・・あはは(またかいっ!)なので携帯から。入口で先生がお出迎え。私の顔も覚えてくださっていたみたいで、素敵な笑顔でお迎えしてくださいました。


b0160436_11313631.jpg

講習会の様子です。
矢口先生の講習は、基本は先生のための講習会です。だから、センセー!って叫ぶとみ~んな振り返ります。
はい!もちろん全員女性です☆
見事におばさまばかりです。


今回もウェアが3点。でも全部かぎ針編みでした。残念ながら、まだまだ講習会は続くそうなので画像は控えますが、その中の一枚。『麗しのバラ』というモチーフ繋ぎのプルオーバーの中心になっているバラです。(これくらいならOKかしらん。)

b0160436_11422257.jpg普通に8枚のお花を編み、中央にバラ模様を作るんです。編むと簡単!だけど思いつかない。中央がプクッと盛り上がってるのがわかります?糸を切らずに編めるんです。小さいモチーフだけど、これはいろいろ使えそう!ってことで、昨日のfunknitで数人にお披露目して来ちゃいました(笑


b0160436_11533941.jpg『世界の編物』2010春夏号に、珍しく矢口先生の作品が掲載されています。どうやら、出版社側の意向によりこの2点が掲載されたんですけど、色が暗めでしかも同色タイプなので少し残念そうな先生でした。P32,33が先生の作品です。先生はスパングルコットンがお好き♪
[PR]
by funknit | 2010-03-28 12:00 | school | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://funknit.exblog.jp/tb/13060822
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< unjourと大宮楽市 研究会へ >>