矢口先生の『麗しのバラ』完成!

矢口先生の夏の講習会で教わって来た『麗しのバラ』が完成しました☆
b0160436_10177100.jpg

矢口先生の作品は、どれもこれも細部にこだわりがあり、気の抜けない作品です。だから時間がかかるんです(泣)でも、その分出来上がった時の達成感は、かなり病みつきになるものがあります。そして、編み図も細かく指示があって勉強になるんです。
今回は4点あったんですけど、これなら私にも着れるかも~と思って制作しました♪


b0160436_102092.jpg
胸元のモチーフ。中央の花に2種類の糸で縁取りをし、繋げて身頃ととじ合わせる。
はぁ~~。
気が遠くなる作業でしたの(笑 細かい作業があればこそ綺麗な模様が生まれるのですね~。kimのデザインもそうですよね。


b0160436_10234184.jpg
もちろん、裾も手抜きがありません♪
裾模様はオリジナル通りで編みましたが、袖の縁模様は、綺麗なフリルがふんだんに付いていたんですけど、糸が足りずシンプルに変更しました。
うふ♪
出来上がってうれしーーー!!



母に見せたら、私もーーーー!!!!と即答していました。あ、これは自分で編んでいます(笑...当たり前!)モチーフ以外は出来上がっていました。秋には着れるかな?

使用糸は、パピーのコットンリネンラメ、コットンコナファイン、アンティーブの3種類です。
中央のお花は、アンティーブ1玉で色んな表情を見せてくれるお花が出来ました♪

来月9月17日に秋・冬講習会に行く予定です♪






 
[PR]
by funknit | 2010-08-17 10:34 | school | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://funknit.exblog.jp/tb/13784967
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 涼しくなると・・・ ドミノ編み >>